結婚式を控えている人必見!挙式に関する豆知識やマナーの基本雑学をご紹介いたします!

当サイトは結婚式を控えている人必見の、挙式に関する豆知識やマナーの基本雑学をご紹介しています。
これから式を挙げるという場合には、ぜひ押さえておくのが良いでしょう。
神式の式のあとの披露宴はどこで行うのかについても解説しているサイトです。
さらに式で必ず用意したり準備すべきものにはどういったものがあるかにも触れています。
分からないことがある場合でもこのサイトをチェックすれば安心してウェディングに臨めます。

結婚式を控えている人必見!挙式に関する豆知識やマナーの基本雑学をご紹介いたします!

新郎新婦が結婚を誓う儀式を行うウェディングの挙式をしたいけれど、分からないことがあるのが悩みだという人もいるのではないでしょうか。
一口に挙式といっても様々なスタイルのものがありますが、今の日本では教会式や人前式・神前式のいずれかの結婚式を選ぶことが多いです。
それぞれによって内容や流れなどには異なる点もありますが、基本的なマナーは似ているので挙式を行う予定があるのなら事前にマナーの知識は押さえておきたいものです。

挙式の種類はキリスト式や神式に仏式や人前式など多種類存在します!

挙式スタイルには大きく分けて、宗教に従ったものであるキリスト式と神前式、仏前式、そして宗教色がない人前式の4種類があります。
一番人気のキリスト教式は、ホテルや結構式場が併設されているチャペルなどや祭壇などで、ウェディングドレスやタキシード姿の新郎新婦が、チャペルで神に向かった愛を誓う形式のものです。
神前式は神社や神殿で行う日本古来の宗教である神道に基づいたスタイルで、日本の伝統的な挙式です。
最近では和装婚が注目を浴びており、白無垢をはじめとして色打掛や引振袖など、普段の着物とはまったく違った豪華な衣裳に袖を通すことができるのが魅力の神式と言えます。
一般的にあまり馴染みのないのが仏前式で、神前式と並んで古くからある日本の伝統的スタイルのものです。
先祖代々のお墓がある菩提寺や自宅で行われるのが一般的で参列者は基本的に親族のみとされており、全員数珠を持参します。
そして、仏前式では仏様とご先祖様に誓いを立てることが特徴です。
人前式では、参列する友人や仲間に結婚を誓うスタイルで宗教にとらわれずに、行う場所や進行、演出を自由に決めることできます。
個性的な挙式を望んでいる方にとってはおすすめです。
これから結婚するカップルは、どのような挙式スタイルが合うのかを検討しながら決めること良いです。

コロナ禍で急増!挙式のみを行い感染対策や費用を安く抑えるカップルが増えています

昨今の事情を鑑みて、挙式のみを行い感染対策や費用面での安さを活かすカップルが増えていることは事実です。
挙式のみとはしない場合、披露宴を行うことになるわけですが、これはお披露目の宴であって食事や飲み物が振る舞われ、多くの場合にはどんちゃん騒ぎとまではいかないでしょうがお酒も入り、声も大きくなってしまいます。
ある程度参加者どうしの間隔を空けるとしても、2時間とかそれ以上の時間にわたってお酒を伴う飲食をしていては感染対策は難しくなるのは当然で、これを回避する目的で披露宴を取りやめ、挙式のみとする選択肢が取られているわけです。
ゲストを招いておきながら披露宴を行わないのは従来であればかなりの判断を必要としたかもしれませんが、今の時期、ある意味で感染対策が大きな名目になり関係する人たちの納得を得やすくなっていることは間違いありません。
披露宴を行わないことで、もちろん費用面でも大幅に節約できることになります。

神式挙式の魅力は白無垢など日本の伝統婚礼衣装に袖を通せ参進の儀などを体験できること!

挙式スタイルは、大きく分けると伝統的な日本の文化を感じることが出来る神前式と教会式と挙げられます。
どちらも服装が違いますし流れも違ってきますので、スタイルを選ぶことから始めていきましょう。
日本人であるのであれば日本の伝統婚礼衣装でもある白無垢を着たいという事で、和装挙式スタイルを選ぶカップルも今とても多いです。
それでもドレスの人気は相変わらず高いですし、フォトウェディングの時に着られなかった方を着るという方法も出来ます。
伝統的な衣装にそでを通すことが出来るということも、挙式が無ければできないことも有りますし、一生に思い出になることは間違いがありません。
その花嫁姿を写真に残すことはお勧めです。
アルバムを作るのも良いですが、データを購入して自分で制作するということも出来ますので写真関係の相談も事前に行っておく事をお勧めします。
結婚式場によってはプランに含まれているところもありますし、動画も合わせて撮影を依頼することも出来ます。

不動の人気!チャペルでのキリスト式挙式は憧れのウェディングドレスに袖を通せるのが魅力

結婚することが決まったら、挙式をどうするかということがまず第一のテーマとなるでしょう。
最近はコロナ禍ということもありますので、挙式は行わずにウェディングフォトだけでという事やオンラインを利用するカップルも増えてはいます。
しかし少しずつ落ち着いてきていることもありますので、これから式を挙げる方は色々な方向から考えていく事をお勧めします。
ちなみにチャペルでの挙式であれば、女性にとって憧れでもあるウェディングドレスを着られるというのが第一のポイントです。
ドレスに憧れを持っている女性はとても多いですし、それは神前式の場合は和装になりますので着られません。
写真に残すことも出来ますし、きっと素敵な思い出になるでしょう。
花嫁姿をみたご両親もきっと喜んでくれます。
普段とは違う白い純白のドレスに身を包まれた素敵な新婦に、新郎も惚れ直してしまうかもしれません。
洋装を選ぶ方はとても多いですし、チャペルでの挙式はお勧めです。

に関する情報サイト
挙式に関する豆知識とマナー

当サイトは結婚式を控えている人必見の、挙式に関する豆知識やマナーの基本雑学をご紹介しています。これから式を挙げるという場合には、ぜひ押さえておくのが良いでしょう。神式の式のあとの披露宴はどこで行うのかについても解説しているサイトです。さらに式で必ず用意したり準備すべきものにはどういったものがあるかにも触れています。分からないことがある場合でもこのサイトをチェックすれば安心してウェディングに臨めます。

Search